会社概要取扱商品リスト四季出まわりチャート産地マップ新着情報トップ


キワノ【ウリ科】
【学名】
Cucumis metuliferus Naudin
【原産地】
北アフリカ
【生産地別のシーズン】
ニュージーランドより 2〜7月
アメリカより 8〜2月
【概要】
原産地はアフリカだが、1980年代に入ってからニュージーランドで開発と育成が始まり商品化された。キワノとは登録商標名なので、果実の名称としては「ホーンドメロン【角メロン】」が正しいが、日本ではキワノと総称されている。果実は長さ12〜13cm・直径6〜7cmで、果皮は黄橙色をしている。まるで何かの動物のたまごであるかのような特異な外観に驚く人は多い。果肉は鮮やかなエメラルドグリーンで、ゼリーのような食感がある。かすかな酸味とライムとバナナをミックスしたような風味があるが、甘みはなく果肉そのものに味はない。
【食べ方】
半分またはくさび形にカットしてスプーンですくって生食する。種が非常に多いがそのまま食べる事ができる。ミルク、砂糖を混ぜてジュースにするとより美味しさが増す。果皮を器に見立て、果肉を他の果物や野菜と和えるのもよい。






2003 All right reserved. 日比貿易