会社概要取扱商品リスト四季出まわりチャート産地マップ新着情報トップ


ザクロ【ザクロ科】

アメリカ産

イラン産
【学名】
Punica granatum Linn.
【原産地】
ペルシャ(イラン)
【生産地別のシーズン】
アメリカより 8〜11月
イランより 11〜2月
チリより 4〜6月
【概要】
ザクロ(pomegranate)の語源は、フランス語のpomme garneteであり、これはseeded apple(たくさん種が入ったリンゴ)の意味にあたる。有史以前から栽培され、種子が多いことから豊穣のシンボルとして神話に多く取り上げられている。原産国イランでは、数百の品種があると伝えられているが、イランの東北地方で生産されている「メイコーシュ」種が一番良い品種とされている。日本には平安時代に中国より伝わり、主に鑑賞用として栽培されたが、世界的にはアメリカ・イラン等多くの国々で食用として栽培されている。最近では健康食品として見直され、輸入量も増えている。種子は淡紅色透明で多汁質の種皮に包まれており、これを食用または飲用する。さわやかな酸味に甘みがある。また、果汁は美しい赤色をしている。品種としては、グラナダ種、アーリー・フットヒル種、アーリー・ワンダフル種、ワンダフル種が主力品種で全体の80%を占める。
【食べ方】
割って種子のまわりを生食するほか、搾った果汁をジュースや料理用のソースとして利用する。また、焼酎漬けにしてザクロ酒を作る。又、染色としても利用されている。






2003 All right reserved. 日比貿易