会社概要取扱商品リスト四季出まわりチャート産地マップ新着情報トップ


パイナップル【アナナス科】
【学名】
Ananas comosus (LINN.) MERR.
【原産地】
ブラジル南部からパラグアイ
【生産地別のシーズン】
フィリピンより 周年
【概要】
学名のAnanasは南米の土地名から導かれたもの、comosusは長束毛があるとの意。英名Pineappleは松カサ状の果実の意とされる。100以上の品種があると云われるが、大別するとカイエン(Cayenne)、クイーン(Queen)、スパニッシュ(Spanish)、及びポルトリコ(Puerto Rico)の4系に分かれるとされる。スムーズカイエン種は別名グリーンパインとして一般に出回っている代表的品種である。栽培には気温年平均24〜27℃で変化の少ないところが良く、本来乾燥気味の気候に適する。
【食べ方】
果実の葉を取った後、果実を縦に4等分に切り、更に果実の中の芯を切り落とし、表皮の部分と果肉部分と切り分けて、果肉をサイの目状に切ると食べ易い。
【食べ頃】
シェルと云われる鱗状の表皮が、下から数え3−4番目が黄色く色づいたら食べ頃であり、食べる前2−3時間冷やすと尚おいしさが増す。
レギュラーパイナップル(スムーズカイエン)
(別名グリーンパイナップル)
 
ハニーパイナップル
交配種であり、今までのグリーンパイナップル(スムーズカイエン)と較べ糖度が2〜3℃高く表皮の色もより黄色味を帯びている。栽培は非常に難しいとされ、特に均一な熟度設定の仕上げが難しいとされる。日本へはフィリピンで栽培されたものが輸入されているが、高糖系パインとして人気が高まっている。






2003 All right reserved. 日比貿易