会社概要取扱商品リスト四季出まわりチャート産地マップ新着情報トップ


ホワイトサポテ【ミカン科】
【学名】
Casimiroa edulis
【原産地】
メキシコ及び中米
【生産地別のシーズン】
アメリカより 周年
【概要】
メキシコでは野生で自生しており、主要果樹の一つとなっている。
1810年に同地からアメリカに導入され、カリフォルニアなどで栽培が始まり現在に至っている。果実は直径6〜9cm、重さ150〜300gで、柿のような形状をしている。緑色の薄い果皮は熟すに従って黄緑色となるので、食べごろを表わすサインとなる。果肉は淡黄色でやわらかく、まるでアイスクリームのような舌触りである。甘みが非常に強く、酸味はほとんど無いが、若干の苦みを感じることがある。ちょうど柿と同じように果肉の中央部に大きめの種子が1〜5個入っている。チェリモヤとならぶ美果である。
【食べ方】
室温で数日置いて追熟させ、桃のようにやわらかくなったところで冷蔵庫に数時間保管し、半分またはくし形にカットして生食する。






2003 All right reserved. 日比貿易