会社概要取扱商品リスト四季出まわりチャート産地マップ新着情報トップ


ランブータン【ムクロジ科】
【学名】
Nephelium lappaceum
【原産地】
マレーシア・インドネシア
【生産地別のシーズン】
オーストラリアより 11〜6月
メキシコより 7〜10月
【概要】
東南アジアの市場でよく見かける真っ赤な毛がもじゃもじゃと生えた果物があるが、それがランブータンである。名前の由来はマレー語で「果物の毛」に由来している。東南アジアで広く栽培されている。果肉は鳩の卵ほどの大きさ、白色半透明の寒天状で、甘酸っぱいジュースを含んでいる。
【食べ方】
ナイフで縦に切れ目を入れて果皮をむいて果肉を食べる。種子は脂肪に富み炒って食用できる。






2003 All right reserved. 日比貿易