会社概要取扱商品リスト四季出まわりチャート産地マップ新着情報トップ


カラント(レッド・ホワイト)【ユキノシタ科】

カラント(レッド)

カラント(ホワイト)
【学名】
Ribes sativum
【原産地】
ヨーロッパ
【生産地別のシーズン】

産地別シーズン

       レッドカラント

      ホワイトカラント

チリより 11月〜2月  
ニュージーランドより 1月  
アメリカより  6月〜9月 7月〜8月
【概要】
欧米で広く利用されているスグリの仲間である。直径 7〜8mmの赤い果実がぶどうの房状に10数個並ぶので日本ではアカフサスグリと呼ばれている。フランスではグロセイユルージュと呼ばれている。ホワイトカラント(仏グロセイユブランシュ)はレッドカラントから派生した品種である。果実は白色またはピンクである。尚、フランスでカシスと呼ばれているのはブラックカラントのことで別の品種である。
【食べ方】
生食、果実酒、砂糖漬け、ジャム、ソース






2003 All right reserved. 日比貿易