会社概要取扱商品リスト四季出まわりチャート産地マップ新着情報トップ


スネークフルーツ(サラカヤシ)【ヤシ科】
【学名】
Zalacca edulis
【原産地】
インドネシア
【生産地別のシーズン】
タイより 周年
【概要】
東南アジア一帯で栽培されている。 日陰で湿度が高い地帯によく育つ。
幹はほとんどなく、地際から長さ 4〜7mのトゲのある葉が群生する。 果実は球形や卵形、長さ5cmほど。 外皮は光沢のある褐色で、微毛刺を有するうろこ状になっており、簡単に剥くことができる。 果肉は白色半透明で3個の塊に分かれており、内部に硬い種子を持つ。 特有のにおいがあり、未熟のうちは渋いが、熟してくると甘酸っぱくリンゴのような風味がある。
果皮が蛇の皮にそっくりなことからスネークフルーツと呼ばれるようになった。
【食べ方】
生食のほか、砂糖煮にする。






2003 All right reserved. 日比貿易