会社概要取扱商品リスト四季出まわりチャート産地マップトップ


フィンガーライム【ミカン科】


【学名】
Citrus australasica
【原産地】
オーストラリア
【生産地別のシーズン】
アメリカより 9~11月 
【特概要徴】
オーストラリア国内では加工用として使われていたようですが、その果肉の形状がキャビアに似ていることから現地の料理人が使い始め、今日食材として注目されています。 果肉はキャビアのような小さな粒が詰まっており、プチプチとした食感で香りが良く程よい酸味があります。 果皮の色は緑、黄、茶、ピンク色など様々あり、果肉の色もそれにともない異なります。 近年、アメリカでも栽培されるようになり、生鮮のフィンガーライムとして輸入されるようになりましたが、フィンガーライムは未だ栽培量も少なく、入荷量も限られているため高級食材となっています。






2003 All right reserved. 日比貿易